教育費、貯蓄を頑張ろう

教育費の多くかかる時期は中学生以降です。幼稚園、小学校時代に頑張って貯蓄に励み、将来に備えましょう。

教育費、貯蓄を頑張ろう

教育費、貯蓄を頑張ろう 子育てにはお金がかかると言われますが、確かにそうです。我が家には男の子が三人いますから、大変です。特に中学生以降、教育費がかかってきます。習い事、塾、そして部活のお金、学校の教材費も馬鹿になりません。普段の生活ですと、男の子は小学校高学年から良く食べるようになります。食費が飛ぶように無くなり、節約を考える毎日です。でも、可愛い子供達のためなら頑張れます。専業主婦の私が頑張れることは、お金のかかる時期に備えて節約をして貯蓄をする事です。

今までの経験を言うと、小学校6年生までに貯蓄をする事が重要です。幼稚園は月謝も高いですが補助もでますから、補助のお金と子供手当ては貯金しました。今の制度ですと幼稚園の補助は第2子、3子と下に行くほど多くなります。しかし、我が家は第1子と2子の年齢が離れているので、1子、2子の補助費用はあまり変わりませんでした。3子は多かったのでありがたかったです。公立の小学校は義務教育ですから給食費、PTA会費などで月に6千円ほどになります。この時期に、しっかり貯金をする事が重要です。日々の100円200円の節約が月にすると1万円ほどの節約に繋がって行くものです。無理をする必要はありませんが、無駄な事にはお金を使わないようにして貯蓄をお互い頑張りましょう。

Copyright (C)2014教育費、貯蓄を頑張ろう.All rights reserved.